Skip to content(本文へジャンプ)

VALUE企業理念

Vision

Our Values

Accountable 責任感を持って

日々生じる問題や疑問に対してすぐに反応し、積極的に対処することができるということ。自らの行動やそれがもたらす結果を意識した上で、解決策を提示すること。また、私たち一人ひとりが組織内での自分の役割をしっかりと理解することや、仲間の貢献を認めることも必要です。そうすることで、私たちは周りの人を頼ることができ、逆に周りも自分を頼ってくれるようになるのです。

ラコステグループで言う「責任感をもって臨む」とは、成功や失敗の評価をきちんと行うこと、また、個人としてもグループとしても、ベストプラクティスを維持しつつも、過去の経験から学ぶことができるという姿勢を意味しています。自分の目標が達成できた段階で、さらに率先して頑張ろうとする人は、責任感を持って臨んでいるスタッフだと言えるでしょう。

最後に、責任感を持つことは、自ら事実や状況を明確にすることができ、その上で適切に対応するということ。さらに仕事環境の変化に応じて新たな解決策へと導くことができる、そういった能力のことでもあります。

Audacious 恐れず前へ

ラコステグループの未来を共に切り開くことができるよう、進んでリスクをとり、未知なるものに挑戦し、新しいスタイルやコンセプト、新しい仕事のやり方を創り出す――そんな意欲を伴うものです。

「恐れず前へ」進むということは、昔からある古いやり方や社会通念にとらわれないこと。また、たとえ逆境にあっても意味のあることを実践することでもあります。さらに、まだ踏み固められていない道をあえて選び、目先の流行を超えた可能性を掴み取ることも意味しています。

ラコステグループが今後も発展を続けるための鍵は、創造的な開拓者精神や、自立した感覚を育むことだと我々は考えます。なぜなら、個人でもグループでも恐れずに前へ進むということが、ラコステブランドの差別化を図る方法であり、お客様に対して価値を提供し続けることにもなるからです。

「恐れず前へ」とは革新的かつ、わくわくさせるような何かでお客様を魅了し、驚嘆させ続けることだと言えるでしょう。

Collaborative チームと共に

ラコステグループでは、個人の取り組みや専門技術を大切にしているのはもちろんですが、チームで努力し実を結んだ成功を、より大事なこととして捉えています。

チーム間の壁を取り除くこと、意見や情報を共有すること、専門知識や技術分野のネットワークを構築すること。これらはすべて、様々な形で協力しあうための必須要素です。ラコステグループは、スタッフ間の信頼や協力する姿勢を育むことで、複雑な問題に対処できるだけの能力とスピードを育み、共に立ち向かうべく重要な意思決定によって、解決策を導きます。

信頼からは、強さと協調の精神が生まれます。
共に仕事をする中で私たちの喜びや楽しみも膨らみ、自分たちの功績をチーム内で、またチームの垣根を超えて分かち合うことができるようになるのです。

Respectful 仲間を尊重して

また、多様な意見やアプローチの存在がクリエイティブで新しい取り組みを探るチャンスだと受け止めること。このような姿勢も、敬意を示すということを表しています。

ラコステグループの従業員は、社内外を問わず周りの人に対する思いやりや敬意にあふれ、偽りのないコミュニケーションを図り、より良い人間関係を築こうと常に努力しています。また、一人ひとりがお客様のために最善を尽くし、誠実で正確な仕事をしています。

このことから、私たちが発展する上で、オープンでダイレクトなコミュニケーションが役立ち、自分の仕事に誇りを持つことが個人的な達成感や幸福につながると言えるでしょう。私たちはそう信じています。

相手に敬意を示す時には、チーム内の距離感を縮め、明るい雰囲気を育もうとする姿勢が必要になるでしょう。ラコステグループでの「仲間を尊重して」とは、公私に関わらずどのような場面でも、人に対して最高の敬意を持って接することが重要です。

「仲間を尊重すること」は、私たちのコミュニティと私たちの価値観をつなぐ絆なのです。

共に未来へ