Skip to content(本文へジャンプ)

OUR PEOPLE職種・社員紹介

  • VMD
  • マーケティング部 T
  • 2015年 中途入社

PROFILE

外資系アパレル企業にて販売接客を経験した後、英国留学を経て、外資系ラグジュアリーブランドにてVMDを務め、2015年中途入社。現在は、グローバル標準のガイドラインを日本マーケットに落とし込み、全国のブティックのシーズン展開、新規開店準備、イベントポップアップ設営などを手がけている。

T

雰囲気を一新させる、VMD という仕事に魅せられて

その手にかかれば、あっという間に店内の雰囲気はがらっと変わる。空間デザインから、アイテムのディスプレイまでを演出する VMD の仕事ぶりを目の当たりにして以来、私は VMD という仕事を目指すようになりました。接客販売とはまた違った、クリエイティブなコミュニケーションの世界があるということを知ったんです。

そんな想いを抱えながら仕事に取り組んできた結果、それが実り、今こうして「LACOSTE」の VMD を務めています。グローバルなブランドだけに、プレッシャーを感じる反面、モチベーションにもつながります。仕事がうまくかみ合った時には、やりがいを感じますし、日々新しいことが舞い込むので、いろいろな経験ができます。

「LACOSTE」は、「単なるスポーツブランドではなく、プレミアムカジュアルブランド」としての認知がどんどん広がってきています。だからこそスピード感があり、刺激には事欠かないのです。

T

VMD とは、すべてに意味を与える仕事

「LACOSTE」のブランドメッセージを保ちながら、いかに日本のマーケットに合わせてカスタマイズしていくかが VMD の腕の見せどころ。シーズンごとにアジア各国のVMDでミーティングをしたり、フランス本国の VMD からレクチャーを受けたりしながら、そのクリエイティビティを高めあっています。

とはいえ、国内140店舗を数えるブティックすべてを私たち VMD だけで目を配りきることはできません。そこで、エリア特化型専門職である全国のエリアビジュアルマーチャンダイジングのメンバーたちと連携しながら、リアルタイムなブランディングを実現しています。

VMD のミッションを一言で言えば、「ブティック内のすべてのものの配置に意味を与えていくこと」だと言えます。一つひとつの発想から、お客さまに新しい「LACOSTE」を感じ取っていただくことが目的ですから。

私はこれからもこの VMD という仕事でチャレンジを続け、よりいろいろな発想を膨らませられるように、そして、さまざまなシーンに臨機応変に対応できるように成長し、お客さまと「LACOSTE」をつなぐコミュニケーションを創造していきたいと考えています。

T

応募者へのメッセージ

VMD とは、ブティックの「雰囲気」を作っていく仕事。それは、人間で言えば、「表情」に当たるんじゃないかなと思っています。そういう意味でも、どんな仕事においても笑顔を絶やさず元気に取り組めることが、VMD をはじめとした、アパレルの仕事の基本だと言えるかもしれません。そして、それを素直に楽しめる方なら、きっと自分の思い描いた道を歩んでいけるはずです。

OUR PEOPLE職種・社員紹介

  • リテールアナリスト Y
  • VMD T
  • PR Y

ブティックスタッフの紹介はこちら